モモと詩『メロンとぼく』。
先々週からモモの体調が良くないらしく、食欲は
あるものの左足が痛い様で、元気がありません。


獣医によると、血液検査もレントゲンも異常なしで
食欲もあるので、持病(?)の垂炎ではないとの事。
あと考えられるのは、生理中なのでホルモンの関係か
歯周病、脳に原因があるのかも知れないとの事でした。


明日、別の獣医さんに診てもらおうと思っています。




  ここで1つ、詩人まどみちおさんの詩を紹介。


  『メロンとぼく』(メロンは飼い犬の名です)

  メロンがぼくの目をみつめつづける
  ぼくもメロンの目をみつめつづける
  しーんとして
  ふたりのじかんがひとつになって
  ごうごう ごうごう ながれる


  それはせかい一なかよしの
  ぼくたちふたりのことが
  いまただいま天のアルバムに
  のせられているのだとおもえる
  じーんとしてくる


  メロンもなみだぐんでみえるが
  いぬのいのちのみじかいことなど
  しるはずもないのだ くびをかかえて
  ぼくは力一ぱいだきしめてやる

        (理論社『メロンのじかん』より)
スポンサーサイト
[2012/11/24 17:53] 地域情報 | コメント(0) | @
<<おむこさんと『満天の湯』。 | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |