絵本『世界のブラウニー物語・イギリス編』






これは日本ガールスカウト連盟から出版されている
『世界のブラウニー物語・イギリス編』です。
何十年も前の物にも関わらず、すごく綺麗な状態の
絵本を古本屋で見つけた時には、嬉しくて仕方が
ありませんでした。

しかも絵を見て下さいな♪。
『ぐりとぐら』シリーズを描いている、山脇百合子さん
ですよ~。
何と贅沢なっっ(≧∇≦)。

余談ですが山脇百合子さんは、母の友人の娘さんが
経営している三軒茶屋の焼き菓子屋さん
『シュシュクル』の箱の絵も描いて下さって
いるのですよ。



『世界のブラウニーものがたり・イギリス編』

作;
絵;山脇百合子


あらすじ

   あるところに男の子と女の子の姉弟が
   住んでいました。
   この二人はいたずらっ子の怠け者で
   お手伝いもせずに、毎日遊んでばかり。
   ある日お母さんが言いました。
   「うちにもブラウニーがいてくれたら
   良いのに!」
   お母さんから働き者の賢いブラウニーの
   話を聞いた二人は、自分の家にも一人いて
   欲しい、と早速森の中へ探しに   出かけました。
   でもブラウニーは、なかなか見つかりません。
   そこで二人は物知りのフクロウに、ブラウニーは
   どこにいるのか聞いてみました。
   「明日の朝早く、泉の中を覗いてごらん。   きっとそこにブラウニーが見えるよ」
   フクロウの言う通り、翌朝、泉を覗いた
   二人が発見したブラウニーは……。


ブラウニーの意味や、ガールスカウトのブラウニーとして
どうあるべきかを、分かり易く伝えていると
思います。

挿絵も可愛らしくて、入団したばかりのブラウニーや
これから入団したいと思っているお子さんには
もちろん、普通の絵本として読み聞かせをするのにも
お薦めの一冊ですよ♪。

国によって多少『ブラウニー物語』は違うようですね。
ちなみに私も、アルミホイルでできた銀の泉を
覗いた一人です(笑)。


この絵本はイギリス編となっていますが、もし他の
国の『ブラウニーものがたり』があれば、読んで
みたいと思っています。
スポンサーサイト
[2012/08/15 20:50] 地域情報 | コメント(6) | @
<<散々な○○○会。 | ホーム | 一日>>
コメント
----
こう言う本があるんだね。
学年ごとに違うじゃない?
こちらはデイジー、ブラウニー、ジュニア・・・ってなるんだけど、それぞれの本にこう言った物語が記載されてるの。
[2012/08/16 03:51] URL | ree #- [ 編集 ]
--初めて知りました。--
魔女さんはいろいろな絵本をご存じなのですね。ぐりぐらシリーズはもちろん大好きですが、この絵本は初めて知りました。
早速、図書館で予約しようとしたけど、我が町(一応市ですが)にはないようです。
うちの息子たちはボーイスカウトを10年以上いや、もっとか。やっているけど、共通するものあるかなあ?
[2012/08/16 05:00] URL | ひめ太郎 #- [ 編集 ]
--reeさんへ--
ブラウニー物語、けっこう好きなんですよ~。ジュニアまでいたけれど、ジュニアの物語を全く覚えてない…。ロープの橋は渡ったけど(笑)。
デイジーというのもあるのですね。日本で言うアンダー・フット(年長児)の様な感じですか?
[2012/08/16 20:42] URL | 東の魔女 #- [ 編集 ]
--ひめ太郎さんへ--
どうやら非売品らしいです。良かったらお貸ししますよ。
カブやボーイスカウトにも、この様な話があるのですか?
ウチの近くの青年館の庭で、よくボーイがキャンプの練習をしています。
また近くの雑木林には、設営地があるんですよ~。
[2012/08/16 20:49] URL | 東の魔女 #- [ 編集 ]
--大事な本のようなので…--
ぜひお借りしたいのですが、長編だと、いつ返せるかわからないので、魔女さんが読み込んでから、時間のある時に貸していただけると…。
ボーイスカウトは、三男が小学生の時私も三年間、「デンリーダー」という「リーダー」のお手伝いをしてたんですよ~。
しかも、あの制服を着て…。若かったなあ(笑)
[2012/08/17 04:59] URL | ひめ太郎 #- [ 編集 ]
----
今日も一日、ファイト!です。
[2012/08/17 05:01] URL | ひめ太郎 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |