スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
映画『水曜日のエミリア』。
今年の冬休みは、何故かあまり映画を見なかった。
でも借りてきたDVDの中でも、一番期待して
見ていたのがコレ。


公開は全国ではなく、確か単館だったと思います。

ブラック・スワンでアカデミー賞を取った
ナタリー・ポートマン。
いつ見ても美人で素敵だわぁ♪(^O^)。

監督;ドン・ルース


あらすじ
   エミリア(N・ポートマン)は、会社の
   上司のジャックと恋に落ち、彼の離婚を
   待って結婚をする。
   彼の連れ子であるウィリアムはエミリアに
   懐かず、反抗的な態度を示し、周りの
   人々からも『略奪女』というレッテルを
   貼られてしまう。
   彼女自身、ジャックとの間にできた
   赤ちゃん・イザベルを、生後間もなく
   乳幼児突然死症候群で失い、その
   ショックから立ち直れずにいた。
   ウィリアムはエミリアを試すように、
   わざとイザベルの事に触れる度に、彼女は
   傷付くが、それでもウィリアムの心を
   開こうと、努力をしていくエミリア。
   少しずつウィリアムとの距離が近付いて
   いく。
   しかし、ジャックの前妻に子どもができ
   『イザベルの死をきっかけに、子どもが
   欲しくなったのだ』と言っていると知り、
   傷ついたエミリアは、イザベルの死は
   突然死ではなくて、自分が窒息死させた
   のだと告白。   ジャックとの関係に亀裂が生じてしまう。
   また、女性関係にだらしがなく、家を
   出ていたエミリアの父の登場で、彼女は
   更に傷付き…。



こんなに何度も泣いたのは、『愛する人』を見て
以来だと思うわ。


『水曜日のエミリア』の水曜日は、エミリアが
学校にウィリアムを迎えに行く日。
他の日は、本当の母親の方のベビーシッターが
迎えに来ていて、エミリアは水曜日が担当なの。
エミリアという女性は、夫やイザベルには愛情
深く接するけれど、ウィリアムとの関係は
あまりうまく行かない。
夫も周りの人も、そんなエミリアのことを
「あの子を愛していない」と責めたりするけれど、
エミリアは彼女なりにウィリアムを愛していて、
彼も何となくそれを分かってる。

結局エミリアとジャックは修復できずに
別れてしまうけど、最後のウィリアムとの
シーンは納得。

周りからはそう見えなかったかも知れないけれど、
水曜日のエミリアは、間違えなく『母親』
だったのだと思います。
終わりが爽やかで、それでいて感動する映画
でしたよ~。



男性にはちょっと分からない部分があるかと
思います。
女性にお勧めの映画です♪。
スポンサーサイト
[2012/01/03 22:58] 映画 | トラックバック(0) | コメント(1) | @
<<三連休。 | ホーム | 初夢ならぬ最後の夢。>>
コメント
----
あけましておめでとう!!
今年もよろしくね。
[2012/01/04 01:57] URL | ree #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kawaisanlove.blog32.fc2.com/tb.php/807-65d46a0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。