映画『アンダルシア 女神の報復』。
一昨年の夏に、映画『アマルフィー・女神の
報酬』が公開され、確かブログでも話題に
しました。その後劇場にも見に行きハマった
作品ですが、今回はそのシリーズの第二作目。
今回の映画も期待通り、なかなか面白かった
ですよ~o(^-^)o。


『アンダルシア 女神の報復』


原作;真保裕一
監督;
出演;織田裕二、黒木メイサ
   伊藤英明、戸田恵梨香、鹿賀丈史


あらすじ


   ヨーロッパの小国・アンゴラで、邦人男性
   川島(谷原章介)の死体が発見される。
   邦人死亡の連絡を受けた黒田(織田)は
   アンゴラに向かう。
   事件現場にはインターポールの捜査官・
   神足(伊藤)と、遺体の第一発見者である
   ビクトル銀行の行員・新藤結花(黒木)
   がいた。
   強盗殺人と思われたが、事件現場の写真を
   見て不審に思った黒田は、調査を開始する。
   しかし殺された川島が警察庁幹部の子息で
   マネー・ロンダリングに関わっていた
   疑いがある為、事件を公にしたくない
   警察庁と、早く日本に戻りたい神足は
   事件をもみ消そうとする。

   一方、何者かに命を狙われる結花を保護し、
   隣国のスペイン・バルセロナにある
   日本領事館に向かった黒田。
   しかし彼女は、何故か領事館から逃げ出す。
   マネーロンダリングの黒幕『ルカス』の
   通訳をしていた結花。
   何か重大な秘密を握っているらしいと
   察知した神足。
   ようやく彼女を見付けて、保護した
   黒田と神足だが、事情聴取の為にインター
   ポールへ向かう途中、再び何者かに
   銃撃を受ける。
   結花は、誰に何故狙われているのか?
   そして、事件の鍵を握る黒幕・ルカスの
   正体は…!?




見た人によると思うけど、私は最後まで誰の
犯行か分からなくて、わりと楽しめましたよ~。

私が大好きな女優の黒木メイサ、とても魅力ある
女性ですね。
感情表現がまだ物足りない…という部分は
ありますが、悲しい過去を背負う女性を
演じていて、なかなか素敵でしたo(^-^)o。


今回は織田裕二演じる黒田が、より人間的に
見えたよ。
結花に惹かれていくあたり、やっぱり黒田も
『男』なんだな~って思いました(笑)。

キャッチコピーが『守るべきは、誇りか、愛か』
となっていますが、愛は殆どナシ。
男女の愛っていうより男同士の友情という
テーマが強い気がします。
黒田と、伊藤英明演じる神足との友情や、
福山雅治演じる新聞記者との友情。
暑苦しくないのに、信頼し合っている。
何だか良いなぁって思いました(*^o^*)。


スピード感のあるアクションもあり、推理あり、
友情あり、組織への反骨精神あり(笑)。




結花の抱えている過去の傷や、神足の抱えているジレンマなど、
それぞれの事情を描き切れてなくて、物足りない
気がします。

でもそこは、俳優の表情やセリフで上手く
カバーしているかな、という気もします。


ドラマ『外交官・黒田』があまりに面白く
なかった為に、映画を見るのを躊躇している人も
いると思いますが、わりと面白かったです。

少し待ってDVDやテレビで見るのも良いかも
知れませんが、映画館で見ても良いと思いますよ~。


感動や涙は無くて、最後は少し悲しみが残るけど、
ドキドキ、スカッとする映画ですo(^-^)o。
スポンサーサイト
[2011/07/04 00:06] 映画 | トラックバック(0) | コメント(1) | @
<<自家製ビールの完成! | ホーム | 退職者。>>
コメント
----
はじめまして
私も先日アンダルシアみましたよ
すごくおもしろかったです
残念ながら前作はみてないです。。。
今度機会があったらDVDでも借りてみてみますね
[2011/07/04 08:44] URL | pokon89 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kawaisanlove.blog32.fc2.com/tb.php/653-fd42723d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |