スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
アカデミー賞と、映画『ミスティック・リバー』。
ジムに行く途中、前から歩いて来る人に声をかけられた。
「東の魔女ちゃん、おはよう!」

へ?

知り合い???
慌てて顔を見直したら、どこかで見覚えがあるけど…
思い出せない(;^_^A。

年配の方だから、同級生の親御さんだったかしら?
下の名前で呼ばれたし、どこかで会ってるのは
間違いないんだけどね~…。


半日経った今だに思い出せません( ̄~ ̄;)。


いよいよアカデミー賞の発表ですね。

今回のノミネート作品はどれも見に行きたいけれど
特に興味があるのは、ナタリー・ポートマン主演の
『ブラック・スワン』です。

バレエはチケットがとても高いので見に行ったことは
無いけれど、テレビで放送されたモノは見ています。
そのバレエが題材。
しかも、予告編でさえ引き込まれるナタリーの表情!
大いに期待しています♪。

ところで、皆さんはクリント・イーストウッド監督の
『クリムゾン・リバー』を見たことがありますか?

念の為、あらすじを…。

   ジミー、デイブ、ショーンの少年が
   一緒に遊んでいた最中、デイブだけが
   偽警官に誘拐される。
   3日後に彼は無事に保護されるが…。
   数十年後、ジミーの娘が何者かに殺される。
   事件を担当することになったショーンは
   デイブや関係者に聞き込みを始める。
   ジミーは独自に調べていくうちに
   デイブの妻・セレステから、事件の夜
   彼が血まみれで帰ってきた事を聞く…。


この映画を初めて見たのは、映画評論の授業の時。
見終わった後、カメラワークやストーリー運びなど
色々な事について、みんなで話し合いました。

その中でも印象的だったのは、最後のシーン。
映画を観てない人はちょっと分からないかも
知れませんが、お許しください(;^_^A。

パレードがあり、パレードに参加しながらも
不安げな顔をしているデイブの息子。
デイブが帰宅しないことで不安を覚え、パレードに
流されていく息子を必死で追いかける、妻のセレステ。
事件の真相を知っているショーンは、ジミーと
目が合うと笑って指を差し
ジミーは肩を竦めてみせる。

このシーンについて、皆で解釈を考えました。

パレードや色々なシーンで出てくる道は
おそらく『川』に見立てているのでしょう。

分からなかったのは、最後のシーンで監督が何を
言いたかったのか。


私は『終わらない負の連鎖』なのかなと思ったけど
先生は「ちょっと違うんじゃないかな」と仰った。
その後もみんなで意見を出しあったけど、結局
何を表現しているのか分からずじまいだったの。


私にとって、映画のストーリーはもちろん俳優の演技や
解釈など、色々な意味でとても印象に残る映画です。
だからこそ、最後のシーンが今でも心に引っ掛かって
いるのだと思う。



そこで皆さんにお願い。
『ミスティック・リバー』を御覧になった方で
最後のシーンを知っている方。
どのような感想や解釈でも良いので、ぜひ
聞かせてください!


お待ちしています♪。
スポンサーサイト
[2011/02/28 07:16] 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<映画『英国王のスピーチ』。 | ホーム | お買物って、意外と難しい。>>
コメント
----
ミスティック・リバーって、友達から借りて見た事があったけど、全然覚えてない・・・。
ブラックスワンは私もみたいと思ってて、映画館には行けなかったので、テレビでやるのを待ってるの。
[2011/03/01 04:10] URL | ree #- [ 編集 ]
--reeさんへ--
コメントありがとう。
覚えてないのは残念!
アメリカではもう『ブラック・スワン』は公開済みなのね。日本ではこれからですよ。
[2011/03/01 22:55] URL | 東の魔女 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kawaisanlove.blog32.fc2.com/tb.php/527-cbe6aa56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。