スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
私のお気に入りの絵本
20080519205219
20080519205205
今日はまたまたお気に入りの絵本の紹介。

『una Storia Magica』

出版社、作者不明

ヨーロッパ地方に旅行中、ドイツのドライブインらしき所で買いました。

ある雨の日、リサは家の中で大きな紙に妖精の絵を描きます。ところがひょんな事から、絵の妖精が飛び出してきて「色が無くなって困っている人たちを助けてほしい」と言われて、リサと犬のモーガンは虹の橋を渡って助けに行きます。

女王様の王冠、蛙の池、鶏の鶏冠など、リサはポケットに入れた色鉛筆で素敵な色をつけていきます。

ちょっとした仕掛け絵本になっていて、次のページを覗く小窓をチラリと開くと、こども達はよく見ていて「カエルだ!」「お姫さまだ!」と大喜び。
そして最後に出てくるお日様にニッコリ(´∀`)。
こどもにも人気の絵本です。

私はドイツ語は、全く読めません。
でもこの絵本は、絵を見るだけでストーリーが分かり、お話が出来ます。
それって絵本としては完成度が高いという事ですよね。

ヨーロッパで有名な絵本なのか、どんな人が書いた本なのかさえ分からないけど、とても素敵な絵本だと思う。

大事な大事な、とっておきの絵本です(*´∀`*)。
スポンサーサイト
[2008/05/19 20:19] | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<蟻さんのお話は聞きたくない! | ホーム | 頑張れ、日本!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kawaisanlove.blog32.fc2.com/tb.php/45-a1a8027f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。