いよいよ出番じゃ!
今回のバンクーバーオリンピックで、いつになく燃えていた私。
フィギュアの高橋やスピードスケートの二人以外、メダルはまだ無いけれど、一生懸命に練習してきただけあり、どの国の選手でも泣けるものがありますね。

特に泣けたのは上村愛子の4位とロシアのフィギュアのペア。
全力を出し切ってもまだ届かなかった者と、持っている力を出し切れなかった者。
よく中継のアナウンサーが「負けたけど頑張った」とか「オリンピックに出られる事がすごい」とか、メダルを取れなくても褒め讃えるじゃない?
確かにそうだと、私も思う。
だって努力してきたんだもの。それを認めるのは当然。

だけど、違うとも思う。
うまく言い表わせないけれど………やっぱり違うと思う。
だって負けは負け。事実なんだもの。

メダルを取れなかった人を評価しないっていう事じゃないよ。
オリンピックに出られるくらいだから、本当にすごいと思う。
でも金メダルを取れる人って、やっぱり全然違うんだよ。

メダルを狙って頑張ってきたのに、取れなかった悔しさを「自分の中では最高の演技だった。満足している」という言葉で誤魔化してほしくない。
負けたのに『ここまで来れた事を褒める』なんて事したくない。

悔しくて大泣きしながらも、負けた事を認めて欲しい。
その強さが見ている者に感動を与えるんじゃないかな。


なんて偉そうな事を言っちゃった。

これでもしミキティーがメダルを逃したら、もらい泣きした後「でも頑張ったよ!私は認めるよ!」とかテレビに向かって語りかけちゃうんだろうなぁ…(;^_^A。


どの選手も悔いの残らないように、自分の精一杯の力を出し切ることが出来ますように!!!
ミキティーは勿論、キム・ヨナも真央ちゃんも鈴木選手もロシアの選手も、みーんな応援してるよ!
スポンサーサイト
[2010/02/23 19:55] 地域情報 | コメント(1) | @
<<久しぶりに発熱しております。 | ホーム | まだ続いております(笑)。>>
コメント
--No title--
スポーツの世界って、努力だけじゃなく、その時の運もあるじゃない。
金間違いなし、って言われてた選手がミスをしたり、コースを外れて失格になったり、今年は多いように思います。
日本、今回のオリンピック、結構厳しいよね~。
[2010/02/26 02:28] URL | ree #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |