一日一語・八月十一日
定考(こうじょう)

普通に考えれば「じょうこう」だと思うけど、「上皇(じょうこう)」と同音になるのを避け、逆転して読むのだそうです。

平安時代に朝廷で毎年八月十一日に、六位以下の官人の勤務成績によって昇進を決める儀式が行われたそうです。

いつの時代も勤務成績で昇進が決まるのは同じだね。きっと役人さん達はドキドキした事でしょうね。
スポンサーサイト
[2008/08/11 05:00] 一日一語 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<すごい人…。 | ホーム | 一日一語・8月10日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kawaisanlove.blog32.fc2.com/tb.php/110-f50c1796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |