スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
しゃべれども しゃべれども








今日は久し振りに、前の職場の人と会い、ランチを
楽しみました。
殆どが保育の話で、大変そうだけど元気そうで
良かったなぁo(^-^)o。
話が尽きなくて、気が付けば七時間も喋って
いましたよ~(^_^;)。
ビックリしたわ。
スポンサーサイト
[2013/05/26 19:52] 地域情報 | コメント(6) | @
何気ない一日。











今日も元気に行きましょう♪。
[2013/05/24 09:35] 地域情報 | コメント(2) | @
未知という名の船に乗り







前回の記事、愛玉子の写真を添付しているのですが
何故か上手く載りませんでしたので、載せてみました。
これ、お家でも作れそう♪。



私の携帯には歩数計が付いていて、歩数に合わせて
画面の色が変わります。
赤→オレンジ→黄色→緑までは見た事があるけど
それ以上を見るには、1万五千歩以上を歩かなければ
なりません。

先週の日曜日はお出かけをして13000歩、月曜日は
犬の散歩と近所のスーパーへのお買物で11900歩
でしたが、残念ながら15000歩には遠く及ばず…(T_T)。

今日こそ未知の世界に到達してみたいものです。


小学生の頃、ウチの学年…と言うか、産休代替として
来ていたクラス担任のアケミ先生が、歌が大好きな
先生で、色々な歌を教わりました。
アイヌの祭り、大きなうた、鳩を飛ばせに行くんです
等々、今月の歌の他に沢山教わり、歌っていました。
歌の大好きな私は、もちろん嬉しくて楽しくて
アケミ先生が大好きでした。


中でも印象に残っているのが『チポリーノの冒険』と
『未知という名の船に乗り』です。

チポリーノの冒険は、ご存知の方も多いと思いますが
イタリアの児童文学『チポリーノの冒険』を
題材にした歌です。
私はこのお話が大好きで、特にサクラン坊やと
悪者のトマト騎士が好きなの。
この二人が出てくるので『チポリーノの冒険』の歌も
大好きでした。
今まで、この歌は一般的な歌だと思っていたの。


ところが今の保育園に勤め始めてビックリ!
保育界の先生の一人・斉藤公子さんが「さくら・
さくらんぼ保育園」の為に作った歌であり
ウチの保育園の園歌だったのです!


アケミ先生がどうしてこの歌を教えてくれたのか
分からないけれど、私は何だか不思議な繋がりを
感じたよ。
アケミ先生は、もしかしたらウチの保育園の卒園生
だったのかな~o(^-^)o。
[2013/05/12 12:51] 地域情報 | コメント(4) | @




先日の谷中巡りの時に、S先生が「ここのデザートが
すごく気になってるのよ~」という事で、台湾料理の
食堂に入りました。


そこで食べたのが『愛玉子』。

寒天の様な食感で、レモンシロップがかかってるの。

適度に甘くて、でもサッパリしていて、一切れが
大きいから食べ応えがあるの。
これで400円は、良いかも♪。
[2013/05/05 09:28] 地域情報 | コメント(1) | @
上野の森の絵本市。
今年も行って参りました!
上野の森親子フェスタ。


残念ながら写真を撮るのを忘れてしまい、一枚も
ありません。


10時からなので、9時40分に上野に着くと
もう人・人・人!


毎年絵本市に来ているけど、年々増えてる気がします。


取り敢えず全部見回って、欲しいと思っていた本は
getして、2周目はじっくり見ようと思って
いました。


一周目が終わった時、携帯に電話が。

「魔女っ子ちゃん、今どこ?」
以前の保育園の同僚の、S先生でした♪。
実は数年前からこの絵本市に誘っていて、今年初めて
S先生も来たのです。

「私もうお会計も済んだから、待ってるよ~」と
言うので、2周目をするのは断念。
S先生とは、1年振りの再会♪。
手紙ではやり取りしていたけど、やっぱり会うのは
格別ですね~。

お互いの近況を話し合ったり、楽しくお喋りしながら
歩きました。


旦那様の具合が良くなくて、時々涙ぐみながらも、
明るく振る舞っていたS先生。
その姿にすごく励まされました。

深い話も色々と聞いてしまって、今更ながら
S先生を傷付けたのではないか、と後悔しましたが
後の祭ですね(>_<)。

その後も変わらずに楽しく谷中散策をして、明るく
振る舞っていて、本当に感謝です。



[2013/05/04 09:15] 地域情報 | コメント(2) | @
小さなつぶやき・4歳児。
絵本が大好きなコスモ君。
『ノンタン およぐのだいすき』を読むと
悪者の魚が出て来ると、目を輝かせて見ていました。


そして終わりのページにあった、作者キヨノサチコさんの
写真を見て一言。
「あ、ウチのおばあちゃんだ!」
え!? コスモのおばあちゃん!?
違うと思うけど…(^_^;)(^_^;)(^_^;)。
「そう、オレのおばあちゃん!」
「いや、コレはキヨノサチコさんと言って…」と
真面目に話をしてしまったのでした。
[2013/05/01 19:23] 絵本 | コメント(0) | @
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。