スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
最悪な日。
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[2013/02/27 19:30] 地域情報 | @
映画『ミッドナイト・イン・パリ』。





ガードの隙間からそっと台所に侵入して、私に
怒られたモモです。
チーン⋯(笑)




またまた気になっていた映画を見てきました。
もちろん、TKPシアター柏で(^w^)。
回数券、大活躍ですよ~。

劇場の造りとスクリーンは変わりませんが、椅子は
今の映画館と同じ物になっていて、人の頭に
邪魔されることはありません(^O^)。

しかもね、スタンドでコーヒーを買ったら、店員が
砂糖とミルクの量を聞いて、入れてくれました♪。
ちょっとした事だけど、ゴミを持ち歩かなくて良いのは
嬉しいものです。


わりと混んでいて、他のスクリーンで若尾文子さんの
トークショーがあるからかと思ったけど『ミッドナイト・
イン・パリ』のお客さんも沢山いました。


『ミッドナイト・イン・パリ』

監督;ウッディ・アレン
出演;オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス


   ギル(オーウェン・ウィルソン)は売れっ子の
   脚本家だが、小説家に転向したアメリカ人。
   婚約者のイネス(レイチェル・マクアダムス)と
   彼女の両親と共に訪れたパリの街に魅了されて
   住みたいと思うが、マリブに住みたいイネスとは
   意見が合わない。
   イネスの博識ぶった友人ポール(マイケル・
   シーン)の事も気に入らず、ワインの試飲会で
   飲み過ぎたギルは、酔いを醒まそうと、真夜中の
   パリをさまよい歩く。
   石畳の坂道の途中にある、教会の階段に腰を
   下ろした時、真夜中を知らせる鐘が鳴る。
   すると、坂道をのぼって来たクラシック・カーの
   ドアが開いて…。




ウッディ・アレンさん、やりたい放題ですね~(笑)。
ダリやピカソ、ヘミングウェイ、フィッツジェラルド夫妻
など、文学界だけでなく歴史に名を残す様々な人が
登場し、1920年代はまさにパリが『芸術の都』だった
という事が良く分かります。


そんな人々と出会い、心を躍らせるギル。

毎晩の様に1920年に入り浸っていましたが、そこで
ピカソの恋人アドリアナに出会い、恋に落ちます。
婚約者がいるのに…と悩みますが、誰かが彼に言います。
「彼女とは大きな部分で、意見が合っているの?」
「いいや」とギル。
「細かい部分では合うんだけどね、大きな部分では
いつも合わない」



そう言って初めて、自分の気持ちに気付くの。

それ以前の時代に憧れを持ち「黄金時代だ」と
言う姿を見て、今までの自分を見つめ直します。


あまりロマンチックな映画ではないけれど「パリの
雨の日は、傘などささずに濡れて歩きたい」という
気持ちは、よく分かります。

素敵な石畳の路地や街並みは、雨が降ったら
また違った様相になり、夕暮れには街灯が光って
綺麗だろうなぁ…。
ロマンチストなギルと一緒に、パリを散策して
みたくなりましたよ~。
[2013/02/25 21:24] 映画 | コメント(4) | @
ボアちゃんと一人EXILE。
眩暈は常にありますが、動けないほどの眩暈では
ありません。
ただやっぱり不快なので、命名をしようと思います。

普通の眩暈の時は地球の自転を体で再現している
程度ですが、ひどい時はまるで
EXILEのCHU-CHU-trainの、全員で顔を回す踊りを、一人で超高速でしている
感じになる
ので、名付けて
『一人EXILE』。


最近ボアちゃんは息をひそめていたけれど、今週に
入ってボアちゃん復活。
そうすると『一人EXILE』が超高速になりがち。
用心はしていたけど、昨日の昼間にやって来ましたよ~。
『超高速一人EXILE』になる前に、酔い止めを
飲んだので、軽く済みました(^O^)。
酔い止めって効くんですね~。
凄いなぁ!


明日は職員会。
やだなぁ。
月曜日はお話の係。
やだなぁ

水曜日は研修会。
やだなぁ!!
[2013/02/22 15:19] ボアちゃん&一人EXILE | コメント(6) | @
一日の終わりに…。
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[2013/02/20 20:04] 地域情報 | @
今日の夢。
私の担当児じゃないけれど、H君の母がインド人に
なる為に(現実は歴とした日本人です)インドに
行くことになったの。
でもH君は一緒に連れて行けないからと、私が
H君のママになる…という夢でした(笑)。


担当児でもないのに、ママになるって一体…(笑)。


今日も良い一日を!
[2013/02/16 08:53] 地域情報 | コメント(0) | @
映画『我が母の記』。
日曜日にTKPシアター柏で上映している『わが母の記』を
見に行ってきました。

知っての通り、井上靖の自伝的小説を映画化した物語。


私は井上靖さんの『しろばんば』という幼少期の話が
非常に好きで、何度も読んでいます。
五歳の頃に、生みの母が妹を出産する為、伊豆の
湯が島に預けられた井上さんは、そこで九年間
曾祖父の妾だった『おぬい婆さん』と共に暮らします。

『しろばんば』はおぬい婆さんとの交流を描いた話。
それに対して『わが母の記』は、生みの母・
八重との話。


   幼少期に湯が島に預けられた洪作(役所広司)は
   母・八重(樹木希林)に捨てられたと
   いう思いを抱いて生きてきた。
   元・軍医だった父親が亡くなり、久し振りに
   故郷の湯が島を訪れる。


   しばらくして、少しずつボケていく母。


   妹夫婦が八重と同居して介護をしていたが、
   妹の夫が足を怪我してしまい、しばらくの間
   八重を預かる事になる。

   母に対するわだかまりを捨てきれないままで
   あったが、娘達(宮崎あおい、ミムラ)の力を
   借りて、洪作は少しずつ母との関係を
   築いていく…。

伊豆の湯が島の美しさが、印象的でしたよ~。


私は『しろばんば』しか読んだ事が無かったので
私の中の『八重さん』は、意地悪なお母さんでしか
なかったの。
だから映画を見ながら、主人公の洪作と同じ心境を
辿った感じです。


八重さんは憎まれ口を叩く事も多いですが、どこまで
ボケちゃっているか分からない分、周りの人間も
振り回されちゃう。
その姿が何とも言えず、笑いを誘う。
でももし痴呆症の人が周りにいたら、きっと
「そうそう」と頷きながらも、笑えないだろうなぁ…。
八重の介護は、主に三女(宮崎あおい)と遠縁の
女性と、洪作の運転手の三人でしていて、洪作は
あまり関わっていないのですが、それでも少しずつ
八重との関わりを持とうとし、本当の母の姿を
知り、洪作の気持ちも変化していきます。
樹木希林さん演じる八重さんは、惚けた感じがとても
良く、惚けているのか意地悪で言っているのか
分からないくらい、面白い人でした。
当事者達は、その態度に辟易してしまうのですが
だからと言って突き放すのではなく、何だかんだ言いつつ
皆が協力して八重さんを温かく見守っているのが
とても良かったですo(^-^)o。


介護している相手の事を、皆で話し合ったり愚痴を
言い合ったりしながら、皆で見守っている。
昔は自然とそう出来ていたのかな。
今はちょっと難しいのかな。


それと余談ではありますが、父役の三國連太郎さんの
演技が凄いと思いました。
臨終の父・隼雄役で、始まってすぐ死んでしまうの
ですが、その演技が素晴らしい!
本当に弱ってるのかと思っちゃった(笑)。


また、物語には写真と話でしか登場しませんが、これは
育ての母『おぬい婆さん』の話でもある様な
気がします。

おぬい婆さんの話は何度か出て来ますが、その時の
洪作の顔は、とても朗らかで本当の母親の話を
している様です。


『わが母の記』の『わが母』とは、きっと八重さんと
おぬい婆さん、二人のことを指しているのでしょうね~。



見に行こうか迷いましたが、見て良かったと
思いますよ(^w^)。




PS

今日はバレンタインデー。
地元のバスの中で、前に座った若い男女がイチャイチャ
イチャイチャ、チュッチュコチュッチュコ…(-"-;)(-"-;)。


(;`皿´)(;`皿´)(;`皿´)


ヨソでやれ!!!
[2013/02/14 12:11] 映画 | コメント(6) | @
またまた『権利の主張』。
今日は突然の有給休暇をいただきました♪。


ハローワークに行った後、muku-fanさんと
afternoontea roomでランチ。

沢山お話をした後、終わりの方でtea roomの前にある
トイレに行ったの。

一つ目のトイレはウン○が周りに沢山付いていた為、
二番目のトイレに入ったの。
ドアを閉めてビックリ!


ドアに付いた荷物かけに、ブルーの鞄がかかって
いるではありませんか。

こんな忘れ物ってあり?


でも取り敢えず届けなくちゃ。

持ってみると、チャックは全開になっていて、すごく
軽かった。


afternoon tearoomの店員に渡して、念の為名前と
連絡先を伝えました。


帰り道、私の携帯に電話が。

高島屋の人からで「先ほど伺わなかったのですが
拾得物に持ち主が現れなかった場合、権利を主張
されますか?」って…。

またまた『権利の主張』ですか~(^_^;)。

以前にも似たような話があった様な…(笑)。


素敵なバッグだったけど、私の趣味じゃないし
犯罪に使われたものだったりしたら、嫌だしね~。

もちろん丁重にお断りしました。


でも『権利の主張』って、意外と大事なことなんですね~。
[2013/02/13 21:45] 地域情報 | コメント(6) | @
ちょっとガッカリp(´⌒`q)。
連休最終日。
美容院へ行きました。
いつもだいたい指名するのですが、今日は『カット
だけだから』と、特に指名せずに予約を入れたの。

そしたらね、いつも何も言わなくてもシャンプーして
くれるのだけど、今日はシャンプー無し。
きっと最後にシャンプーしてくれるのね、と思い
あまり気にせずにいました。


5センチ位カットしてもらい、「一度乾かしてから前髪を切りますね」と。
乾かしたらボサボサのフワフワになったけど、まだ
スタイリング剤付けてないし、仕方ないよね~。
前髪切ったら「有り難うございました」って…。


昨夜は『明日美容院だから、頭洗わなくていいや』と
洗わなかったのに…。


[2013/02/11 12:27] 地域情報 | コメント(2) | @
『都区内フリーきっぷ』の発売終了と、今クールのドラマ。
都内の洋館巡りに行く時によく使っていた
都区内フリーきっぷ。
最近は途中駅まで定期があるので、わざわざ降りて
切符を買い直すのが面倒臭くて、使う機会も
減っていました。

このフリーきっぷは3月で販売終了だそうです。


コレに代わるモノが発売されるのかしらね?
それとも、周遊券を使って都内に出て遊ぶ人が
減っているのかも…。



さて1月からのクール、皆さんはドラマを見ていますか?

私は沢山見ています(^w^)。
月曜日は『ハンチョウ』と『ビブリア古書店の事件簿』
水曜日は『相棒』、木曜日は『科捜研の女』と
『シェアハウスの恋人』、金曜日は『アポやん』
土曜日はサスペンス。

もともとテレビ大好き人間だけど、今クールの
ドラマはかなり面白いと思います♪。
全部ハマって見ているんだけど、特にハマると
思わなかったのが『シェアハウスの恋人』と『アポやん』。

ツリーハウスの様なシェアハウス。
あんな素敵な家があったら、絶対住んでみたいよ~(^w^)。
ましてや都内でツリーハウスに住めるって…
羨ましすぎる(≧∇≦)。


『アポやん』は成田空港内にある、旅行会社の話。
ハッキリ言って俳優陣にはあまり興味が無く、舞台が
成田空港という事で何となく見始めたけど、これが
なかなか面白くて見続けてます。

同じ時間に、違う局では黒木瞳主演のドラマがあり
そちらを見たい母。


母;「私、コレ(=アポやん)じゃなくて、何か
  違うドラマを見てたんじゃないかしら?」
私;「ん?(←すっとぼけ~)いつも『アポやん』を
  見てるよ」
母;「私は見てないもの。何かあったと思うんだけど」
私;「でもねぇ、下のテレビはこの時間は『アポやん』
  しか映らないからねぇ」
母;「あら、そう…?」


黙って聞いていた父、笑いを堪えてましたよ~。


私も何度か海外旅行に行ってるから、興味深く
見ています。

  十年ほど前のオーストリア旅行からの帰りに
  関西空港から羽田行きの飛行機に乗り継いだの
  だけど、オーストリアからの飛行機の到着が
  遅れて、乗り継ぎに15分しか無かったの。
  その時に関空の旅行会社の女性が出口で待っていて
  くれて「お客様、走れますか?」
  関空の中など知らないし、不安に思いながらも
  大丈夫と言うと、その女性が「私がご案内します」と
  国際線ロビーから羽田行きの飛行機の入口まで
  一緒に走ってくれました。  全力で走って5分くらいかかったと思う。
  私は運動靴だけど、その人はハイヒールで私の前を
  走ってくれて、おかげで無事に飛行機に乗ることが
  出来ました。


前々回の話の中で、状況は違うけれど似たような
エピソードがあって、懐かしく思い出しました。
あの時も感謝の気持ちでいっぱいでしたが
改めて、旅の素敵な思い出をいただき、本当に
ありがとう!と感謝の気持ちです。


それから、『アポやん』を見ていて、私達が持っている
パスポートは『国からの借り物』なのだという事を、
初めて知りました。
だから勝手に穴を開けて紐を通したり、手を加えたり
してはいけないんだって。
成る程ね~。
成田空港では午後11時30分に、滑走路の誘導灯の
点検のため、一斉にライトが点灯する事も
初めて知りましたよ~。
ホテル日航成田の最上階ラウンジから一番よく
見えるそうで、今度ぜひ見に行ってみたい!と思いました。
[2013/02/09 07:30] 地域情報 | コメント(4) | @
ボーアちゃんが消えた、ヤッホー!ヤッホー!♪(サイクリングの歌のメロディーで)
あんなに私の耳の中でボアボア言っていたボアちゃん。
あの大暴走した後、不思議と治まった。
わーい♪o(^-^)o♪。
ボアちゃんがいなくなったぞ~♪

と思ったら、暴走した時のボアちゃんが激しすぎて
鎮静化したボアちゃんが気にならなくなっていた
だけでした(笑)。
今も健気に活動中です(^_^;)。
慣れってすごいねぇ(^_^;)。


でも薬を飲み始めて、早くも効いているようで、めまいが
あまり無くなりつつあります。

やっぱりやっぱり、ヤッホー♪ヤッホー♪
[2013/02/08 22:21] ボアちゃん&一人EXILE | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。