スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
母の電話
今、携帯電話を家の電話代わりに使っている人が多いけど、私は固定電話を引いてます。
理由は二つ。
二年前に初めてこの島に来た時は、初めての一人暮らしで、きっと毎日電話すると思ったから。
二つ目は、島に来た時はまだFOMAの電波塔が無くて、携帯電話が繋がりにくかったから。以前はずっとJ-PHONEからvodafone(今のソフトバンク)を愛用していて、面接に来た時はvodafoneだったけど、ほとんど県外でした(;^_^A。

という理由で固定電話にしたのですが、予想通り週に1~2度は実家にかけ、同じくらい実家からもかかってきます。

今日は私からTel。
母は私とは違って朗らかで明るい人。天然パーマでもあり、小学生の頃は「本物のキャンディキャンディみたい」と本当に思っていました。(年がばれちゃう(;^_^A)
私の良き予期理解者であり相談相手です。

そんな母と何気ない会話をしていて、祖父母の話になった時…
「お祖父ちゃんは自分がヨカニセだと思っててヨカフリだからねぇ…」
突然鹿児島弁が!!
ヨカニセは分かるけど、ヨカフリ!? 聞いたことないし(;^_^A。
「どういう意味?」と尋ねると「うーん…」と考えた後「そうそう、お調子者って事」だそうです。お調子者の言葉の方が出てきそうなモノですが、鹿児島弁が先に出てくるとは…。鹿児島より倍の年月を千葉で過ごしているのに、やっぱり鹿児島弁は根強く体の奥にちゃんと息づいてるんだなぁ。

ちなみに両親はもう定年を迎えていますが「いつかは鹿児島に帰りたいなぁ」というのが二人の願いです(^O^)。その時は私も移住したいなぁと秘かに思っているのです。父方の坊津と母方の阿久根、どちらの故郷に住むかは…フフフ(^-^)。
スポンサーサイト
[2009/01/29 21:43] 地域情報 | コメント(6) | @
リトル・チャロ まだまだ続くチャロの旅。
前に『リトル・チャロ 体にしみ込む英会話』の紹介をしました。
もう3カ月位前になるかな?
それから後、チャロはかけがえの無い親友ドレッドを病気で亡くして悲しみに暮れていましたが、新しい出会いを迎えました。相手は日本人留学生トモコ。
彼女もまた心に傷を負っていますが、夢の中で、チャロが翔太に逢う為に頑張ってきた事やドレッドを亡くした事を知り、チャロの気持ちを理解して慰めます。そして自分も夢に向かって頑張ろうと決意をします。また、チャロもトモコの前向きな姿に心を動かされます。そして…。


チャロの旅はまだまだ続きます。だけどドレッドを失った悲しみを理解してくれる相手に出会えて、チャロよりも私の方がホッとしました!!

これからも応援してるよ、チャロ!

気分が何だか後ろ向きな時期。訳も分からず落ち込んだり孤独を強く感じるけれど、きっと今はそういう時期なだけ。きっと何とかなる。うん、また頑張らなくちゃ!!
[2009/01/27 19:28] 地域情報 | コメント(5) | @
海難法師は何時に来るか?
昨日こども達に海難法師の話をしました。
明日(=今日)の夜は海を見ちゃいけない事、日が暮れたら外に出てはいけない事を話すと、真剣に聞いていたこども達。

「いつから外に出ちゃいけないの?」と聞いたのは、二歳児のF君。
「お日樣が海に沈んだら、もうダメだよ」と私。

散歩で野蒜とトベラを採った後、帰る途中で邪魔になったのか採った物を手放した三歳児のI君。

そして給食中の会話…。

F;「ねぇ、本当に海難法師来るかなぁ?」
私;「来るよ、多分ね」
F;「何時頃来る??」
私;「日が暮れたら来るよ」
F;「それって何時?」
私;「う~んと…」
なんと言えばいいか考えていると、魔除けの草を途中で捨ててきたI君。
「で、でもさ、草をさしてなくてもさ、鍵をかけてればいいじゃん!」
私;「海難法師は鍵かけていても、魔除けをしてなければ家の中に入って来れるんだよ」
I君、顔色が青くなり「ぼ、ぼ、ぼくさ、あのさ…」としどろもどろ。
そこへF君がとどめの一言。
「I君、野蒜とノベラ(トベラの言い間違え)を捨ててきちゃったから、I君のお家には海難法師が来るね!」
I君の顔が青くなり、目には涙が…(;^_^A。
私が「海難法師は明日だから、明日お母さんと取りに行けば大丈夫!」と言うと、ホッとした様に食べ始めたのでした。

そして帰りの会が終わった後、F君が心配顔で尋ねてきました。
「魔除けの草、いつ飾ればいいの?」
私;「明日のお昼で大丈夫よ」
F;「でもさ、忘れちゃうかもしれないから、今日飾っておいた方が良いかなあ…?」ですって!

そんなに怖いのね…(;^_^A。
[2009/01/24 15:59] 地域情報 | コメント(5) | @
海難法師の日。
今日はマスクを二重にして出勤。
薬が効いている間は咳がおさまっているものの、薬が切れ始めるとタイマーにでもなっているかの様に、ゴホゴホと出てきます(T_T)。完治にはもう少しかかりそうです。


ところで、明日1月24日は海難法師の日。
その昔、悪代官が大島にいたのですが新島に赴任する事になり、それを知った大島の若者達が『新島の人達が気の毒だ』と考えて、代官の船に穴を開けておきました。
出発して間もなく悪代官が乗った船は沈み、悪霊となった代官は、24日の夜になると島に上陸しては村内を歩き回る……という伝説。

だから24日の日没後は海を見てはいけないし、村を出歩いてもいけないの。
そして魔除けの為に野蒜とトベラを、家のあらゆる入り口(窓や玄関など)に飾ります。
そうすると海難法師は家の中までは入って来られないらしいです。
私は霊とかそういうモノを信じていないけど、海難法師の日は守ります。島には神事が根付いていて、それに基づく決まり事がありますが、全部の事にちゃんとした理由があるの。
海難法師も…うまく言えないけれど、何故そんないわれがあるのか何となく分かる気がするんだ。
ちなみに新島までは24日が海難法師ですが、神津は25日なんですよ。時間的にもリアルでしょ?

伊豆七島に伝わる話と言われていますが、三宅や八丈には習慣が無いそうですよ。オバが言うには「遠いから行き着かなかったんだ」と言う話(;^_^A。そ、そうなのかぁ…。

ちなみに今日は大好きなダンディ俳優、ボギー(ハンフリー・ボガート)の誕生日(^ε^)-☆。
1975年にはアース製薬からロングヒット商品『ゴキブリホイホイ』が発売になった日でありますよ(^O^)。
[2009/01/23 19:17] | コメント(2) | @
居眠り剣術士にハマる(´∀`)
一昨日から喉がおかしかったのですが、本格的に風邪を引き、昨日は早退、今日は一日休暇をもらってしまいました(T_T)。
今回は診療所には行かず、前回同じような症状で行った時にもらったお薬を飲んでいます。
そのおかげか咳は幾分楽になり、体も昨夜よりも楽になりました♪。


そんな感じで暇をしていたので、小説読みに没頭できましたよ(´∀`)。
2007年~2008年にNHKで放送していた『居眠り磐音・江戸双紙』。
私が好きな俳優・山本耕史さんが主演していて気になってはいたのですがなかなか見れず、先日のスペシャルを初めて見ました。残念ながらそれが最終回で、何でこんなに面白いドラマを見なかったのかと後悔(T_T)。

せめて原作を読もうと文庫を買ったら、ハマっちゃった!

『陽炎の辻』(居眠り磐音江戸双紙シリーズ第一巻)
作;佐伯泰英
出版;双葉文庫


あらすじ;直心影流の達人、坂崎磐音。幼なじみの河出慎之輔や小林琴平と共に、江戸から故郷の豊後関前に帰郷した。しかし藩内騒動に巻き込まれ、小林を亡くし河出を自ら斬った磐音は江戸に舞い戻り浪人生活を始める。
生活の為、鰻さばきの仕事や用心棒を始めた磐音は、ふとした縁で両替商の用心棒を引き受けるが、幕府の屋台骨を揺るがす大陰謀に巻き込まれてしまう…。


磐音の剣は『居眠り剣』と言われる程、やる気があるのか無いのか分からない様な構え。春風が吹くような雰囲気を持つ磐音に、相手は飲み込まれてしまいます。磐音は相手の鋭い攻撃をふわりふわりとかわしていきますが、ひとたび本性を表すと間合いに入った瞬間に相手の胴を薙ぎます。

温厚で滅多に怒らず、食事をする時は周りの音も聞こえない程真剣に味わって食べる磐音と、剣を握り『居眠り磐音』の本性を表した時のギャップが、何とも言えない魅力なんですね~。
江戸の長屋に住み、その日の食にも困り日雇い仕事をしているにも関わらず、人が良く情に厚い人柄。何だかとても素敵な人です。
そんな磐音の周りに集まるのも、おきゃんな奉公女中・おこんをはじめ、江戸っ子らしく情に厚い優しい人達です。

時代劇大好きで、特に殺陣にはこだわりを持つ私は、殺陣が面白くなければ小説もドラマも見ないのですが、居眠り剣はなかなか面白いですよ(≧▼≦)!
[2009/01/22 19:18] 地域情報 | コメント(3) | @
あっという間の一日。
毎回、本土に帰省すると分刻みで活動する私。
今日も一日があっという間に過ぎ、今夜の船で帰島。
相変わらずの「条件付き」の出航です。
ウチの島は西風が強くて、桟橋が一方向にしか無い為、桟橋に波がかぶったりうねりがあると、すぐ欠航になるの。だから『島に着岸できない時は、次の島に行きますよ』という『条件付き』になるのです。
夏は割合着岸率が高いけど、冬はめっぽう低く、一週間着かないという事もあります。
今日は高気圧が張り出していたから、着くかな?と期待しています(;^_^A。

竹芝桟橋のターミナル内には、伊豆七島&小笠原諸島の特産物を販売するお店があります。

小笠原はパッションフルーツやレモン、グァバの栽培で有名。前々から気になっていたグァバジュースを飲み、一目惚れしたレモンの蜂蜜漬けを購入(^O^)。蜂蜜も島産なんだって。楽しみだわ(´∀`)。

そして、何故か伊豆七島特産の「あしたば茶」の缶が気になり…お土産分も購入(;^_^A。
いつも島で、知り合いが作っているアシタバ茶を飲んでいるんだけど、缶に付いていた『盛若(島焼酎)のアシタバ茶割りはいかが!?』という言葉にあらがえなかったのよね~(;^_^A。
オバにも試しに持って行こうっと。

なんか島に住んでるのに、島のお土産を買って帰るって変だよね。
外国旅行に行って、外国で売っている日本風の物を買って帰るのと同じ感じかも!?
[2009/01/17 21:32] | コメント(7) | @
チャーター便と機材遅れ(;^_^A。
20090117093019
20090116144003

この一週間、こども達の間で風邪が蔓延し、登園して来る子が半分以下だったの。
なので、金曜日に半日休暇をもらって帰省する事に。
やったー! 出島です!

しかし急だったのでヘリの定期便は取れずチャーター便に。チャーターするには7万円ほどかかり、それを乗った人達で割った金額を払います。島民なので助成金があり、後で返金があり実質は7500円程度になるのですが、一時的に2万5千円をお支払い。

今回はヘリ&飛行機で帰る事にしたのですが、問題が一つ。
チャーター便の到着時刻が12時45分。飛行機の最終搭乗時刻が12時50分。乗り換え時間が五分しかなく、その間に荷物を預け直したりS君の手続きをしたりしなきゃいけません。

ヘリを降りてから走る走る!!

全日空のカウンターに着いた直後「羽田行きの飛行機は機材の調整が遅れております」とのアナウンスが流れ、内心『あ、良かった(^O^)』と思った私。
手続きを終えて手荷物検査のゲートをくぐりロビーに到着すると、地上係員の人がそれを確かめてすぐに「ただ今から機内にご案内をいたします」と……。
どうやら遅れていた『機材』は私でした!!(;^_^A(;^_^A(;^_^A

ロビーで待っていた人達に何故だかペコペコして、怪しい行動をする私(;^_^A(;^_^A(;^_^A。

何だか恥ずかしくて、一番先に飛行機に乗り込んだのでした(;^_^A。
[2009/01/16 14:38] | コメント(1) | @
酸っぱいミカンを甘くする方法
20090115221609
ミカンが大好きで、毎日二、三個食べる私。
酸味があるものは苦手だったんだけど、先日知り合いの家で酸っぱいミカンを焼いたら、とても甘くなったの。

ネットで買ったミカンが、少々酸っぱかったので、早速家のグリルで試してみました。
ところが、弱火にかけてそのまま忘れてしまい、真っ黒焦げに……(;^_^A。

がっかりしながらも皮を剥くと…

中は無事でした!

しかも甘くなってるし!!(≧▼≦)(≧▼≦)(≧▼≦)
グリルだと焼き加減が難しいけど、一度お試しあれ(´∀`)。


ブログにコメントが入ると、Mailでお知らせする機能を利用しているのですが、着信音を大好きな讃美歌『慈しみ深き』にしているの。
コメントがある度に、着信音を聞く度に、二重に心が癒されます(´∀`)。
いつもブログを読んでくださりコメントをくださり、ありがとうございます!!
[2009/01/14 21:55] 地域情報 | コメント(2) | @
梅にハマる(´∀`)
最近『梅干し』にハマっております(o^o^o)。

今更だとは思うけど、梅干しって美味しい!
もちろん本物の梅干しは大好きだけど、今ハマっているのはちょっと違います。
スッパイマン、小梅、梅昆布茶、その他もろもろ…。
知ってた? スッパイマンてヨーカドーのネットショッピングじゃ買えないのよ!?(そこまでして買う人がいないのかも(;^_^A)「どうして無いのよ!?」って思っちゃった!
本土で買ってきたスッパイマン、もう無くなっちゃったよ(T_T)。

梅昆布茶はもともと好きだったけど、お茶の専門店・三国屋の梅昆布茶は、梅肉も入っているの。梅粉だけじゃないから、梅の味が濃くて、とっても美味しいの(≧▼≦)。

一人、畳の部屋でテレビを見ながら、梅昆布茶をすすっております。あー美味しい(o^o^o)。
[2009/01/13 22:17] 地域情報 | コメント(4) | @
X-Menファイナル
昨日、日曜ロードショーでやっていた『X-Menファイナル』を見ました。X-Menシリーズははっきり言って興味が無くて、今まで見た事がありませんでした。俳優もあまり好きではないし…。

あらすじは、突然変異(たぶん…)で超能力を持った人が多く住む地球。超能力保持者は差別を受けていたり自分の力に悩んでいます。人間との共存をめざすグループと、力を使って支配しようとするグループがいて、人間を守るために共存を目指すX-Men達は、敵に立ち向かっていきますが…。

X-Menの世界があまり理解できないので、すっごく簡単過ぎるあらすじになっちゃった(;^_^A。

正直言って、物語の内容はあまり面白くなかった。

一番印象に残ったのは、最後の場面。
主人公の恋人が、あまりに巨大な力を持っていて自分では制御できず、人類を滅ぼしてしまいそうになり、主人公は彼女を抱き締め「愛してる」と言いながら彼女を殺してしまうの。
それがとても切なくて、悲しくてたまらなかった。

今の自分にそんな場面はありえないし、他の人にとっても非現実的だと思うけど、本当に切なかったよ。
内容はほとんど覚えてないけど、そこだけがジーンときたのでした(;_;)。
[2009/01/12 22:43] 地域情報 | コメント(1) | @
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。