炎の寅子ちゃん伝説
先週から本格復活した寅子ちゃん。
今や彼女の言動は、伝説と化しています。


一時保育で来ているH君。
寝るときは抱っこで寝るの。
M先生が抱っこで寝かしていたのを、引き継いだ寅子ちゃん。
M先生が出て行った途端に、布団に降ろして寝かせ始めた。

狂った様に「ギャ〜〜!」と泣き始めるH君…。
いつも抱っこで寝かせているのに、何しているんだろう…?

私:「いつも抱っこで寝ているのに、どうして布団で寝かせているの?」
寅子:「どうせ降ろす時に泣くなら、同じかなと思って
私:「…え…?」
しばらく言葉が出てこなかったわ…。
H君は一時保育で、M先生との信頼関係はできつつあるけど、寅子ちゃんとの信頼関係は無いに等しい。
それをいきなり、こっちのやり方を押し付けたって、余計に寝ないよね〜。

私:「あのさ、いつもMは抱っこで寝かせているじゃない。それならその方が良いんじゃない?」
寅子:でもMさん、成功例はないじゃないですか

は???

(;゜0゜)(;゜0゜)(;゜0゜)

いや、M先生はいつも苦労しながらも、ちゃんと抱っこから布団に寝かせているし(*`へ´*)。

私:「私、いつも見ているけれど、Mはちゃんと成功しているよね?」
寅子:私もいつも見ていますけど、成功例は無いです」

そこまで言うなら、寝かせてみやがれ!
(心の声です)

案の定、M先生が帰って来るまで寝かせられなかった寅子です。
スポンサーサイト
[2014/11/09 15:16] 炎の寅子ちゃん伝説 | コメント(4) | @
新人はつらいよ・足裏編。
ウチの園では、子どもはもちろん、ほとんどの大人が
裸足で生活しています。

でも寅子ちゃんは、靴下を履いていて
他の面から見ても『自分の事に関しては、潔癖症
っぽいのかな』と思っていました。

ある日、年輩の保育士から助言されて裸足になった
寅子ちゃん。

外に行く時に「靴下を履いて行かなくちゃ」と
靴下を探し回っていたの。
急ぎの様子だったので

 私;「裸足のまま園庭に降りても良いのよ」
寅子;「え!? 裸足で行くんですか!?」
 私;「靴を履いても良いけど、Fさんが
    言っていた様に、足裏から沢山の刺激が
    あるから良いのよ」
寅子;「え!? そんな事したら、
    足の裏に何かが
    刺さっちゃう…」

 私;「あのねぇ、もし貴女に
    刺さる物があったら
    毎日裸足でいる子ども達は
    どうするのよ!?
    足ツボマッサージだと
    思って行ってきな!」



年輩の保育士さん曰わく「寅子さんの足裏は
本当にぷよぷよしていて、刺激を受けた事が
全く無いって感じ」だそうです。


頑張れ~~~(^_^;)(^_^;)(^_^;)。
[2014/05/14 06:04] 炎の寅子ちゃん伝説 | コメント(4) | @
新人はつらいよ・ポット編。
様々なクラスからの、寅子ちゃんへの苦情、
毎日受け付けています(笑)。

新人教育の難しさを、私に教えてくれている
寅子ちゃんでもあります。

ビックリする事がいっぱい(^_^;)。


給食室の〆作業をしていた寅子ちゃん。

「東の魔女さ~ん、ガスの元栓が閉まって
いるか、どこを見れば良いんですか?」

私にもそんな時代があったなぁ…と思いつつ
「ガス管に対して、ツマミが縦になっている様に
するのよ」と、実物を差しながら教えました。

ちゃんと分かった様子に、良かったと思った矢先


寅子;「東の魔女さ~ん、ポットのお湯って
   どうやって出せば良いんですか?」
 私;「蓋を開けて一気に流せばいいんだよ」
寅子;「え!? ここから出すんですか?」
 私;「そうだよ」

お湯の流れる方向に、手を出している寅子ちゃん。

 私;「…ポットのお湯、捨てた事ないの…?」
寅子;「ウチ、ポットが無いので。どこを持てば
   良いんですかぁ?」



ポットが無いのは分かった。
だけどさぁ…

お湯が熱い→火傷する=お湯がかからない場所を持つ
→持つ場所が分かる


そういう思考回路は無いのか!?
(-"-;)(-"-;)(-"-;)(-"-;)(-"-;)(-"-;)


もちろん、この後「私がやるのを見ててね」と
言って、ポットのお湯を流して見せたのでした(^_^;)。
[2014/05/03 09:56] 炎の寅子ちゃん伝説 | コメント(0) | @
新人はつらいよ・会話編。
春ですね~。
もう桜が散りましたね~。
今日気付きました(笑)。

昨年の今頃は『ご機嫌なおんもだね~』などと
Ru-ちゃんとひなたぼっこをして、のんびり
していたけど、今年はそうもいかない(笑)。
思えば満開の桜、見てないかも…。
桜に気付く余裕がないって、ダメですね。



ウチの新人さん、ちょっと大変です。

タイトルにちなんで、彼女の事は『寅子』と呼ぶ
事にしました。



ある日の会話。

その①

 私;「今、この子が○○したのは、どうして
  だと思う?」
寅子;「どうしてですかねぇ?」 私;「どうしてだと思うの?」
寅子;「どうしてですか?」



その②

お昼寝後に、オムツを交換していた寅子さん。
寅子;「東の魔女さん、大変です!」
 私;「何かあったの!?」
寅子;「G君が…!」
 私;「どこかぶつけた!?」
寅子;「オムツにオシッコが出てませんでしたっっ」


だから、何!?


その③


 私;「○○君、上手だね~」(子どもに向かって
   言っています)
寅子;「上手だね~」
 私;「すっごく可愛いよ~」(触れ合い遊び中です)
寅子;「可愛いよ~」(見ています)
 私;「ヨイショっと」(子どもを抱き上げた)
寅子;「ヨイショっと」(ただ座っている)

全く同じ口調で、何故か繰り返す…。

山もないのに、山びこかっっ!?
その④

保育室を抜ける時、黙って出て行く寅子さん。
昨日の朝、きちんと挨拶をしてから帰る様に
話をしました。
それなのに、昨夕『遅番の時に保育室に戻ったら
職員が誰もいなかったんだけど…』と報告があり
今朝、寅子さんに確認しました。


 私;「昨日帰る時に、同じ部屋にいた人に
    挨拶してから帰ったって言ってたよね?」
寅子;「はい、しました」
 私;「誰に言ったの?」
寅子;「周辺にいた人です」
 私;「誰がいたの?」
寅子;「分かりません」
 私;「その人、返事した?」
寅子「いいえ、もしかしたら聞こえてなかったかも
   知れません。個人的に挨拶しなきゃいけないんですね」



バッカも~~~ん!!!
(-_-)/~~~
聞こえてなかったら、意味が無いじゃないの!!!




♪~θ(^0^ ) 近頃の奴はと よく言うけれど
       自分の頃より だいぶマシ
       大目に見よう 大目に見よう
       社会常識を知らないくらい…


       明日がある 明日がある
       明日があるさァ~   ♪~θ(^0^ )
[2014/04/17 00:09] 炎の寅子ちゃん伝説 | コメント(2) | @
新人はつらいよ。
来年度の事が決まり、新人さんと組むことに
なりました。
保育士として未熟な私が、教えられる事が
あるのでしょうか?
でも保育の基本は教えられる。
少しずつ伝えて行こうっと!


そう思っていたのですが、いざ保育に入って
ちょっとビックリ(^_^;)。


保育の事って言うよりも、働く上で大切な事から
伝えていかなきゃいけないみたい。


「食う(くう)」じゃなくて「食べる」だよ、とか
正座はきちんと足を揃えて、とか、どこかへ行く
時は一言声をかけて離れて…とか。
昨日と一昨日は、無断欠勤…。
「お休みだと勘違いしてるんじゃない?」とは
優しい主任の言葉。
そうだよね~。
きっとそう。
月曜日は、きっと来る、きっと来る~…。

新人教育って難しいなぁp(´⌒`q)。
でも、周りに支えてくれる人がいるから
頑張ろうっと!
[2014/03/31 01:57] 炎の寅子ちゃん伝説 | コメント(2) | @
| ホーム |